養父本店

店舗情報: 養父本店

お知らせ

2016 パティシエ研修旅行記 in TOKYO 【1班前編】


 今年も行ってきました、カタシマ視察研修in東京! 本店メンバーに本部・南さんを加え、今回も有名店、繁盛店を巡ってきました。

  

それではまず、メンバー紹介も兼ねて視察研修に対する意気込みを!

廣氏留美子(以下廣氏)
今年はそのお店全体の雰囲気づくりやトータルの表現の仕方があれば見つけてみたい。その上で商品の価格や接客の方法もみて行く。 

   

南菜津子(以下南)
いつもと違ったおしゃれなカフェ、レストランに行くので、そのお店のディスプレイであったり、メニューbook、商品PRなどを注目したい。

   

西村忍(以下西村)
東京で今話題の物、新しい物の食べ物や接客など、何か一つでも自分に勉強できればと思います。

   

土江利生(以下土江)
店内外の販促物など見て、今後の課題にしたいです。

   

片島 顕(以下片島)
パフェ、ドリンク系のメニューを重点的に視察したいと思います。色々な商品を見て、食べて、自分のフィルターを通して何か形として表現できればと思います。

   

羽田空港に降り立った一同。最初の目的地・銀座を目指し、さっそくスタート!

  
 

1軒目
「和光アネックスティーサロン」

 
 

銀座のシンボル・和光本館の一本裏通りにあるのが、こちら和光アネックスティーサロン。銀座という場所柄、さらに「和光」というブランド力なのでしょうか…店内に入ると、そこはしっとり落ち着いた、しかもハイセンスな空気が流れています。ショーケースに並ぶプティガトー、店内を彩る数々の商品、販売員の佇まい、どれもが洗練された❝大人銀座❞ の言葉がぴったり!2階のティールームで当初の目的だったパフェ、アシェットデセールをいただくことに。季節のフルーツパフェ、チョコレートパフェ、マンゴープリン、デザートプレープなどなど…お値段は張りますが、どれもが、高級感あるデザインと味、そしてサービスを堪能することができました。

 

(西村)
「店内の落ち着いた雰囲気、従業員の立ち振る舞いが、時間の流れをゆっくりとしたものに変えてくれました」
(土江)
「チョコレートパフェのトップには繊細なチョコレートの花が咲いていて、銀座・和光らしい華やかさに唸りました」
(南)
「オレンジのクレープ〈生姜のアイス添え〉。こちらも見た目はデザートのアート!オレンジと生姜の相性抜群でした!自社でも生姜といえば『豊岡“こうのとり生姜”』があるので、デザートのトッピングとして提供できそうです」
 
 
和光での贅沢なひとときの余韻に浸りつつ(うっとり)、、、、、、次の目的地「FRANZE & EVANS LONDON(フランツ&エヴァンスロンドン)」のある表参道へメトロでGO! こちらではランチをいただきます。

 

 

2軒目
「FRANZE & EVANS LONDON(フランツ&エヴァンスロンドン)」

 
   

 ロンドン発の日本初上陸の新しいデリカフェ。本格的なシェフの味をカジュアルに楽しめ、独創的な料理とサービス、派手なディスプレイに興味津々です! さすがにロンドン発! テラス席、そして店内には多数の外国人のお客様が。ランチは十数種類のサラダ系デリが並ぶショーケースから3品をチョイス。野菜中心ですが、彩りとボリューム感からとても食べ応えのあるものばかりでした。店内のディスプレイは、カップケーキやパウンドケーキ、ライスコロッケなどをそのまま皿盛りされていて、器も木のボードや陶器、ガラスなど様々で、見ているだけでテンションの上がるものばかり↑↑ 楽しい空間が演出されていました。

(廣氏)
「お腹がいっぱいだったので味も方はわかりませんが、(ディスプレイは)見ているだけでも幸せになれるのは素敵でした」
(片島)
「同じ商品や料理でも見せ方ひとつで、とても魅力的に映ることを実感。それにしても興味深い店の雰囲気でした! また行きたいです。」
(土江)
「チキン&アーティチョークのサラダキッシュは、なめらかなアパレイユで、美味しかったです。」

 

心もお腹も満たされた後は、自分だけのオリジナルアイスをオーダーできることで知られる青山のPOPBAR(ポップバー)へ! 燃焼目的で、少し歩きます(汗)

 

 

3軒目
「POPBAR(プップバー)」


ニューヨークからやってきたオリジナルアイスバーのお店です。ショーケースに並ぶ20種類弱のアイスクリームと5種類のディッピングチョコレートソース(ダーク、ミント、ホワイト、ミルク、キャラメル)、7種類のポッピング(ピスタチオ、アーモンド、ワッフルコーン、ココナッツ、ヘーゼルナッツ、チョコスプレー、キャラメルコーン)からできるオリジナルアイスは、なんと約3000通り! コーティングの仕方も全掛けか半掛け、両面が選べます。各人アイスを注文する中、忍さんだけアイスパン(?)を注文していました。

 
(西村)
「外のパン生地はもっちり、ふっくら。中はバニラアイスがぎっしり詰まっていて食べ応えがありました。イメージ的にはアフォガードに似た味でした。」
(廣氏)
「お店にはアルバイト?の女性が一人でキビキビト接客をされていました。とても若い方だったがしっかりとこちらの質問にも丁寧に答えていただき、教育がちゃんとできているんだなっと思いました。」

 

 

次なる目的地、自由が丘にある「J.S. PANCAKE CAFEJSパンケーキカフェ)」へ! そろそろお腹もいい感じです~~~。

 

 

4軒目
「J.S. PANCAKE CAFE(JSパンケーキカフェ)」

スイーツタイプから絶妙な塩気を味わえるものまで、さまざまなテイストを楽しめるパンケーキ専門店。すでにお腹は満たされ状態でしたが、ここは仕事!と気合を入れ、各々ワンオーダー。苺たっぷり系、キャラメルリンゴ系、ソーセージ&スモークサーモンの塩味系をいただくことに。焼き立ての生地はしっとり、ふわふわ、もっちりで、意外にも完食することができました。

 

(廣氏)
「苺のフェアー期間中だったみたいで、お値段そのままで苺増量が出来ますが・・・試しにお願いしたところ、お皿一面苺だらけでした。塩気のきいたパンケーキはランチなどでもいけそうな気がします。「パンケーキフェアー」など企画できたら面白いかもしれません。」
 
(南)
「パンケーキの分厚さは1cmほどで3枚盛られていました。」
 
 

本店&本部・南組の視察研修はまだまだ続きます。次回もお楽しみに!

(次回予告)
ベーグル専門店→ おしゃれな自然派カフェ→ カップケーキ専門店→ そして、今回の目玉、新宿「Newoman」!!