養父本店

店舗情報: 養父本店

お知らせ

2012 パティシエ研修旅行記 in Tokyo【1班前編】

 
今年の視察研修旅行は3日間の日程で東京へ行ってきました。
事前に各自が行きたいお店をピックアップし、カフェやショップを視察しました。
 
 
まず、朝食の店として選んだのがハワイアンスタイルのカフェ『エッグスンシングスン』。
店内はハワイを感じさせ、くつろげるような雰囲気で、店員さんはアロハシャツを着て「いらっしゃいませ、アロハ」と明るい雰囲気で声掛け。


 
   
 
オムレツスペシャル ・ エッグスベネディクト ・ スパム&エッグス ・ ベーコン&エッグスオムレツは
半熟でとろっとしていて、中にはほうれん草・ベーコン・チーズが入っていました。
エッグスベネディクトはイングリッシュマフィンの上にベーコン、ほうれん草、半熟玉子、ソースがかかった絶品メニューでした。ソースは食べた感じカルボナーラ風でした。
 
   
そして、ここの人気はなんといってもこの『ストロベリーホイップクリーム&マカデミアナッツのパンケーキ』。運ばれてくるお皿のホイップクリームのボリュームには、周りの全ての人が注目するほどにインパクトがありました。ホイップが軽く、甘さもわりと控えめでした。パンケーキ自体はふわっとしていました。パンケーキは全部で5枚あり、シロップは3種類(グァバ・ココナッツ・メープル)でした。3つの味が楽しめていいですね。
  

私たちが入ってから1時間後位でしょうか、食事を終えて外に出るとお店の前は長蛇の列になっていました。さすが人気店!! 
  
 
 
2件目は…有名パティシエ 辻口シェフのお店、モンサンクレールへ。
 

 

 
ケーキ・パン・焼き菓子・などたくさんの商品が並んでいて、ガラス越しに厨房が見えたり、店内の奥にはショコラ専用の温度調節されたスペースがありました。
今回班のメンバーで訪れた事で数種類の生ケーキを店内のイートイン スペースで食べる事が出来ました、一つ一つが丁寧に作られている事に驚きました。
 

この店の看板メニューでもある『セラヴィ』(525円)
◆なめらかなショコラブランのムースとフランボワーズの酸味、ピースターチの爽やかさと、フィヤンティーヌのサクサクした食感が加わり本当に絶品でした。(広氏隆)
 

◆プライスカードにはアレルギー表示がしてあり解りやすかったです。最近、アレルギーを店頭で聞かれるので表示してあれば助かると思いました。(広氏留・西村) 

◆デコレーションケーキの名前も「可愛らしいタイプの字体」と「きっちりした字体」のどちらにするかをスタッフがお客様に確認する姿を見て、 流石だな~~。と感じました。 プロのパティシェがいる製造工房付の店舗の メリットを活かした細かい心遣いを感じる、それでいて実は大きな価値観のあるサービスだと思いました。(広氏隆)


 
 
そして3件目は本格的なフランス菓子・・・
そんな印象を与えてくれる素敵なお店「パリ セヴェイユ」。
 
 
  
  
まず店内の雰囲気は少し重たい色調の家具に並べられた、しっかりと焼き上げられた焼き菓子が目を引きました、そして店内にBGMがわりに流されているフランス語のラジオ放送、全てフランスを意識させる店の演出に感じました。
パンの種類も多く取り揃えてあり、その他にも焼き菓子はもちろん、ジャムやキャラメルなども多く並べてありました。
店内にはカフェがありましたが、ここでは時間がなくお菓子の購入のみになりました。
 
 

続いて4件目は事前に席の予約を入れていたガレットの名店「ル・ブルターニュ」に行きました。
ここでランチです。

  
お店に着くと中から笑顔が素敵なフランス人スタッフが出迎えてくださり、傘まで全員分たたんで頂き、サービスがすごく良かったです。
ランチタイムなので店内は女性方や外国人男性などで席が満席です。
 
   
班のメンバーそれぞれ好みのガレットと飲み物を選び、食後にデザートクレープを1つオーダーして皆で分けることにしました。クレープは塩キャラメルのクレープにフルーツとアイスクリームをトッピングしたシンプルなクレープでしたが本当に美味しかったです。
 
◆スタッフ方の笑顔とフレンドリーなサービスで楽しい時間を過ごす事が出来ました。最後まで接客が丁寧でとても素敵な良いお店だと感じました。(広氏隆・藤原)
 
◆元々ガレットやクレープが好きな私にとっては、サイコー!!でした。機会があればまた行ってみたいです。(南)
  
 
後編へ続きます…。