インフォメーション

インフォメーション

2015 Lady’s ヨーロッパ視察旅行記~part2

2015海外研修ヨーロッパ 【イギリス(ロンドン)~フランス(パリ)】

ここからはパリ研修1.2日目を本店 廣氏が担当します。

じゃ~ん!
ユーロスターに揺られ2時間。憧れの街~パリ~に到着しました。



早速、ホテルに荷物を置いて、出かけます。

まずは調理器具専門店 「Mora
 

西岡さんスイッチ入りました!!
スタッフに頼まれた品を携帯片手に探します。ちゃんと片言英語で質問もして商品をゲット!!

珍しい物や職人さんにしかわからない道具がずらり・・・でも、ディスプレーで使えそうな物も沢山あり、ぜ~んぶ欲しいけど重さとの戦いになるので・・・断念。

普段目にしないものばかりなので新鮮で、楽しかったです。

ディナータイムまで少し時間があったのであと1件だけ。
パリ初グルテンフリーのブーランジュリーのお店。
Chambelland
 


到着した時間が遅かったので商品は少ししか残っていませんでしたが、何点か購入して店内で食べさせていただきました。

(日本人スタッフがいて、ちょっとホットしました。)
私のイメージでは〝ふわぁ“だったのですが、モチモチ食感で凄く弾力がありました。
今、パリでは人気のお店だそうです。


パリ一日目のディナーはLeClosY
大阪や丹波にフレンチレストランを4店舗出しておられる、黒岩シェフのパリ店。
憧れのパリで本格フレンチのディナーでしたが、スタッフは日本人ばかりで終始リラックスしっぱなしの私たちでした。
 

 


デザートは一品ずつ違うのもを出していただき、女3人衆はテンションMaxでした。
器も面白い。

気が付けば・・・あれ? 私たちだけ・・・
最後は皆さんと記念撮影。 池田シェフ、スタッフの皆さん本当にありがとうございました。
 


こうして パリの夜は更けていきました・・・

さあ、明日はヴェリブに乗ってパリの街を駆け巡るぞ~!!



2日目―

予定変更

旅には付き物です。今日はお天気が悪そうなので3日目に予定していた日程に急遽変更。
なのでヴェリブリポートは次回の更新になります。

気を取り直し、歩きますよ。丘の方に向かってひたすら、下だけを見つめて・・・
 



映画「アメリ」で有名なカフェ 「CafédesDeuxMoulin
エスプレッソをカウンターで格好良くいただくのがパリジェンヌみたいですが、ここは日本人の私たち、遠慮なくテーブルに座って朝食をいただきます。
ミーハーなもので映画のシーンに出てくる絵の前でいただきました。
もちろん、クリームブリュレ。外はパリッパリ、中はトロ~ン。
 



朝から甘い物もいけちゃいます。

メニューボードもお兄さんの手書きで字体もカッコいいし、使っている色も赤と白だけなんですがね・・・なぜ?


そしてまたひたすら下だけを見つめて登ります!

今、日本の雑誌などでよく取り上げられている 「GILLEMARCHALPARIS

坂道を登り切った所に全面ガラス張りのおしゃれなパティスリー。
 

 



外から見ても焼きっぱなしの焼き菓子がおいしそうに並べられていて、食欲をそそります。
ケーキはショーケースに一列に整列されていて高級感が漂っていました。
バックヤードもガラス張りなので中が丸見えなのですが、そこも整理されていて、清潔感バッチリでレベルが高いです。

何点かケーキを購入して帰りました。

今度はひたすら登りの階段だけを見つめて・・・
登った先は未来のレオナルド・ダ・ヴィンチが生まれるであろう場所。自分たちの描いた絵画を所せましと並べられていました。
目の保養をすませ、サクレクール寺院にやってきました。(ちょっと観光です)
サクレクール寺院から眺めるパリの街並みは最高でした。
 
 

おっと  仕事です。
行きたいリストは山ほどあったのですが・・・女が集まれば計画通りには進まず・・

歩いている先にかわいいお店があると次から次へと入って寄り道。(これも研修ですよ)

 
SebastinGaudard」 「Popelini

研修リストで必ず候補に挙がる「ALaMeredeFamille100年続く昔ながらの駄菓子屋っと言っていいお店。
 


電話ボックスのようなキャッシャー。新しい物や昔ながらの物が混ざりあっているお店。
でも、落ち着く感じは何でしょう?!

2
日目もアッと言う間に終わってしました。
今日は山あり山ありだったので・・ちょっと・・・
でも、3日目は軽快に走りますよ~。ヴェリブで!!

この後の報告は丹波店主任が笑いあり、笑いありでお届けします。