豊岡店

店舗情報: 豊岡店

お知らせ

大阪視察研修 【6班 前編】

 
5月10日大阪に視察研修に行ってきました。
私たち6班はカタシマの若き?パティシエ6名です。
 
普段体験できない事 、仕事に活かせる刺激を受ける事をテーマに5店舗視察したレポートです。
 
店舗その1「パンデュース」  
関西で 大人気のブーランジェリーです。
次々に焼きあがるパンの香りに誘われながら、店内に入るとバケットや食パン、クロワッサン
などのベーシックな商品をはじめ、フォカッチャやサンドイッチなどの総菜パン、様々な
クリームを使用した菓子パンなど、約100種類の商品が並んでいました 。
 
  
 
訪問した時間帯が昼時ということもあり、スーツ姿の会社員やOLなど、近隣のビジネスマン
の姿も多く見られ、日常的に利用されている、人気のベーカリーという印象を受けました。
 
一画にあるカウンター10席ほどのイートインスペースで、有機野菜が盛り付けられた
タルティーヌや小松菜のクロックムッシュ、トマト&バジルのフォカッチャなど、
色とりどりの計14点を試食。もちもちの食感の生地はどの食材とも好相性で、とても
完成された品々でした。
 
販売フロアから厨房(パン工房)を見ることができましたが、手作業でテキパキと働く
スタッフの姿は実に好印象で、商品もさることながら、こうしたスタッフの姿もパンデュ
ースの魅力を構成するひとつの要素なのだと感じました。

 
 

店舗その2「デリス・デュ。パレ」心斎橋店 
大阪の繁華街心斎橋にあるフルーツタルト専門店。
 
  
 
まず、タルトのサイズに驚きました!
8号サイズのホールがショーケースに並ぶ様は、迫力があり、フルーツタルトや
くるみタルト、木苺とホワイトチョコのタルトなど種類も豊富にそろっていました。
 
天井から吊らされたシャンデリアの灯りが、ショーケースの中に並ぶ、隙間なくフルーツ
が盛りつけられたタルトをより一層みずみずしく見せており、素敵な演出だと感心させられました。
商品の内容はもちろんのこと、照明やショーケースなど、商品の見せ方の勉強にもなりました。
 
       
    くるみのタルト           フルーツタルト        キャラメルバナナタルト
 
試食した一つの「くるみのタルト」は、キャラメル風味のダマンドに生クリームをふんだんに
載せ、上の飾りはくるみのみというとてもシンプルなものでしたが、余計な味がない、さっぱり
とした、後を引くおいしさでした。

 
 
店舗その3「ブロードハースト」
英国出身のシェフが作り出す個性的なお菓子が店頭に並んだお店。
 

 
オーナーシェフであるブロードハースト・ピーター・ジョン氏の思いが、店内の至るとこに
反映されているというのが第一印象でした。青・赤・白を基調としたポップな内装、独自性
の強い商品やネーミング(中にはイギリスロック歌手であるオアシスやポール・ウェラーなど
の名前がそのまま商品名になっているものも)、BGM(当然UKロック!)、スタッフの服装
(コックコートにキャップ)などなど…。一方、イギリス伝統菓子を中心としたベーシックな
商品もしっかりラインナップされており、「遊び」と「誠実さ」が程よく共存しているお店だと思います。
 
  
  
大人気!!!バナフィーパイ
トフィークリームを使用したバナフィーパイを注文しましたが、練乳(コンデンスミルク)を缶詰
のまま2~3時間湯せんにかけてキャラメルにしたというそのクリームは口当たりがとてもな
めらかで、濃厚な味わいでした。
 
比較的閑静な住宅街にあることから、周辺住民の利用も想像でき、まさに地元に根付いた
ケーキ屋さんという印象を受けました。
 
                                               後編に続く・・・・