丹波店

店舗情報: 丹波店

お知らせ

2019 パティシエ研修旅行記 in 東京 【2班前編】

 

お待たせしました!!
今年5月のパティシエ研修旅行の様子を2編に分けてお送りします! 

今年は2年ぶりの東京での研修旅行でした。
 



今回の研修先は
●Le Pain Quotidien 芝公園店
●Beillevaire
●アステリスク
●鷰
●ル・ショコラ・アラン・デュカス東京工房
●ボンボヌール
●ルワンジュ東京
●ヴァンピックル丸の内
●夜パフェ専門店(パフェテリア ベル)


9軒まわりました。

 

まずは1軒目「Le Pain Quotidien」にて朝食から研修スタートです!
 

ベルギー生まれの世界的ベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」。
フランス語で「日々の糧」という意味の店名を持つベルギー発祥のベーカリーレストラン日本1号店です。
店内は木の香りを感じる温かい雰囲気でテラス席もあり、一人でも大人数でも利用できる広さでした。
 

 
店内売店には紅茶はもちろん、ティーポットやティーカップも一緒に販売されていました。ここではオーガニック商品を取り揃えており、メニューもオーガニックメニューが多数ありました。
小麦、塩、水、天然酵母のみでつくられるシンプルなパンをメインに、タルティーヌ(オープンサンド) 、サクサクのクロワッサン、ジャムやグラノーラ、厳選された食材を生かし体にも優しいメニューになっていました。
 
 

モーニングではタルティーヌ4種、サーモンのオムレツ、エッグベネディクトを注文。トーストは歯ごたえがあり、焼きムラにより硬いところもありました。
どれも味付けは薄目だったので、自分好みで調味料やジャムなどを足していろんな味わいが楽しめます。ジャムも5種類ほどあり、また店内でも販売してありました。
 

 

  

足立:値段はお高めでしたが、オシャレで美味しい!満足!

木村:外国人の来客もあり、その方にとっては英語表記されているメニューがあったので分かりややすく感じた。

南:メニューの表記は写真の掲載はなく、文字のみだったので解りにくいなと思ったけど、メニューの格好良さや創造力が広がる。

 

 

そして2軒目へ移動・・・
2軒目はパリ五つ星ホテルで使用されている チーズケーキ&バターサンドの専門店「Beillevaire」へ。

 

小さめのお店でしたが、店内の商品ラインナップはチーズケーキ、バターサンド、その他 ソフトクリーム2種、焼き菓子やギフトなどもありました。

 
 

イートインスペースがありソフトクリームを購入し、店内にて頂きました。
ソフトクリームは【高級発酵バター】、【プレミアムチーズ】、【ミックス(バター&チーズ)】があり、高級バターとプレミアムチーズをみんなでシェアしました。

 
【高級発酵バター】は・・・
発酵バターというとすごくクセがあるのか?!と思いきや、まろやかで上品な感じでした。

【プレミアムチーズ】は・・・
こちらは濃厚!!チーズの味がしっかりと効いていて、チーズ好きにはたまらないソフトクリームでした。
皆でシェアしてる際に、店員さんの気遣いで紙コップに紅茶を入れて持ってきてくださいました。こういうサービスは嬉しいですね。
 

 
こちらの一押しバターサンドは4種類!
【ショコラ、ピスタチオ、ミモレット、プラリネ】

食感を楽しむためにそれぞれ刻んだナッツ、ピスタチオが入っていました。
こちらは保冷バッグにて持ち帰り、翌日試食しました。

木村:商品を買ってから6日後の賞味期限でしたが、丹波店と比べると長く日持ちするなと感じた。
商品サンプルの中身の見せ方が非常に分かり易かった。
 
片島:バターサンドのパッケージが店名の頭文字「b」からとったパッケージで、かわいらしくカラフルでオシャレでした。
 

 

続いて3軒目は東京でも人気の有名店「アステリスク」へ。
 

アステリスクはフランス語で小さい星。
一つ一つは小さい星でも、スタッフみんなが集まれば大きな輝きを放てたらと言う意味だそうです。
 

  
店内入ってすぐのショーケースは色鮮やかで多種多様の美しいケーキばかり!
店内は小さめですが焼菓子やゼリー、ギフトなど商品の種類が豊富でした。
 


お昼ごろに行きましたが、飲食スペースは埋まっていました。
少し待ってからイートインスペースにてケーキセットを注文。
 
  

木村:ガラス張りになっているので作業の様子を間近で感じられる。
生ケーキはグラサージュがキレイにコーティングされており、空気やチョコレートの粒々が一切見えなく、ひとつひとつがすごく丁寧でした。

足立:「ルナ」というライチとフランボワーズのムースを注文しましたが、ライチの優しい風味と中に甘酸っぱいフランボワーズのジャムがアクセントになって、期待通りの美味しさだった。

門栗:ドリンクのメニューは少なめでしたが、ケーキの種類ががたくさんあり、すごく迷った。 

 

 

ランチは難しい漢字で検索してもなかなか出てこない
『鷰 (えん)』というお店へ行ってきました。


 

『「集い、憩い、相交わる」をテーマにホームメイド、ハンドメイド、ハンドワークといった、ひとつの手によって時をかけ生み出す、その温もりが込められたモノを発信する。』そういったコンセプトのお店です。

1階~4階まであるフロアは、1階がカフェスタンド、2階がカフェラウンジ、3階がマーケットプレイス、4階がガーデンプレイスとなっており、各階に違った顔をもつフロア造りになっていました。

ネット社会で都会ではよく見る光景ですが、店内はフリーWifiとコンセントも設置されており、パソコンに向かってランチ、カフェを楽しんでいるかたも沢山おられました。仕事や調べものをしながらカフェでゆっくりできるのは素敵です。

足立:カウンター席、ソファ席、座敷もあり、大人から子供までゆっくりくつろげる、スタイリッシュな空間でした。

 

   

メニューはブレッドサンドメニュー、パスタ2種、デザート、ケーキがありました。
ランチメニューは、ブレッドセット、パスタセットでした。
どれもポテトがセットになっていて、かなりボリューミーでした。研修中なので控えたいところですが、ペロッといけてしまう美味しさでした。

甘いものばかり食べていたので、塩気を挟んで再びスイーツの旅に。。。。

  

前編はここまで!
次回 後編おたのしみに!!