丹波店

店舗情報: 丹波店

お知らせ

2016 ヨーロッパ海外視察旅行記 episode2


2日目
サンジャン・ド・リュズへレンタカーを借りて出発しました。隣の席にいるリビエールのスーシェフ、よしお主任・・時差の影響か、お疲れですか?スヤスヤと気持ち良い顔でお休みです。

   

約2時間かけて、サンジャン・ド・リュズのバスク地方人気No1のパティスリー「Meison Adam」に到着しました。マカロン発祥の地とされるバスクの「Meison Adam」歴史をさかのぼること1660年、ルイ14世の時代スペイン王女マリー・テレーズの結婚式をサンジャン・ド・リュズで行われた際このアダムのマカロンが献上され王妃がその美味しさに感激したというエピソードがあることでも有名なマカロンです。

 今でこそカラフルな色を使いクリームをサンドして食べるようになりましたが、当時は焼きっぱなしのマカロンが主流だったようです。アダムでは、配合も何世代に渡って変わらず、「アーモンド、砂糖、卵白」のみで仕上げられています。見た目は地味ですが味は素朴で素材の風味や美味しさは当時のままということで、時代をタイムスリップして食べている気分になります。

そして、マカロンと同様にココの名物でもある郷土菓子の「ガトー・バスク」です。サイズは大小さまざまに、カスタードクリームとチェリージャムの2種類の味に仕上げられています。ガトーバスクの表面にバスクの十字架のローブリューの模様が美しく感じられ当時の時代背景や歴史が詰まったお菓子に感動します。

 

11時も過ぎたのでこの町で、昼食をとることにしました。土地勘が無いため、メゾン・アダムの美しいマダムに、美味しいランチが頂けるレストランを紹介してもらいました。

 

 

レストラン「ZOKO MOKO」ミシュランガイド2016にも掲載されているお店です。前菜から、魚介のタルタル仕立てのサラダ、港町でもあることで新鮮な魚介が手に入ることもあり美味しいです。スープはアーティーチョークのクレーム、絶妙な塩味とアーティーチョークの風味が口に入れた瞬間鼻に抜けるあっさりと日本人の口にも合います。メインはスズキのグリルと茄子とキャビアを添えたもの、スズキの皮目の火の通りが非常に良いパリッとした表面とホロッとくずれる身の部分、塩加減が抜群です。グッドジョブいい仕事してますね。

 

お昼を終え、港町サンジャン・ド・リュズを散策しました。バスクリネンでも有名な街です 生憎お店はお休みでしたがショウウインドウに飾られているマリンカラーが目を引きます。また、白と赤を基調した建物が多く、可愛らしい街並みに海風がとても気持ち良い街です。

 

一路、サン・セバスチャンに戻りMercado de la Bretxa(マーケット)に行きました。 旧市街の入り口にある大きなマーケットです。我々は、地下の売り場に行き地元食材店が並ぶ賑やかな場所に進みました。生ハム、鮮魚、チーズ、肉などありとあらゆる食に関する大型マーケットです。

 

 

さて日も沈み始め、いよいよスペイン美食の町サン・セバスチャンのバル巡りに一同出発です。 目抜き通りは7時を過ぎても昼間のような明るさです。 最近では、日本のあちこちでバルという立ち飲み屋が増えています。その火つけ役がこのサン・セバスチャンのバルです。

ピンチョスと呼ばれる小さな一口、二口サイズ゙のバケットに具材をのせた料理を食すのがここでの醍醐味、多種多様な食材との組み合わせで無限に広がる、小さな料理は、まるで日本のお寿司の様です。ですから日本でもこのピンチョスは受け入れやすい料理の一つなのもうなずけますね。

 

また、ここ特有のワインがあります それはチャコリという炭酸入りの白ワインです。 カウンター越しにチャコリを注文するとグラスに向け高い位置から一気に注ぎ入れ瓶を傾けたまま 隣のグラスへ次々と注ぎ、周りにこぼれてもお構いなしなのがチャコリを入れる流儀。

 

 

 

ここから、8件近いバルの予定リストをはしご「La Cuchara de San Termo」サン・セバスチャンNo1バル、フォアグラが美味しい。「Goiz Argi」何でも美味しいがエビが最高、ここは日本語メニューも店内においてあります。「Borda Berri」サン・セバスチャンの中でもかなりの繁盛店、外にもお客さんが溢れています。

 

 

 

「La Vina」焼きチーズケーキが名物。「Gastroteka」タコとスイーツが絶品ですが。社長のお気に入りのソルティードックも一押しです。食うも食ったし飲みも飲んだし今夜はぐっすりと眠れそうです。

それでは、サン・セバスチャンに今宵の楽しく美味しい時間に感謝”グラシアス”、チャンスがあればまた来ま~す”アディオ~ス”

次回は私の最終章となります。バスク地方のもう一つの顔、海から山へとステージは変わります。
ご期待ください! 
 
2016 ヨーロッパ海外視察旅行記 episode3 へ!  

過去の海外研修旅行記へ