丹波店

店舗情報: 丹波店

お知らせ

2016 パティシエ研修旅行記 in TOKYO 【2班前編】

2016年5月。待ちに待った東京視察研修に行ってきました。
私達丹波スタッフ5名+社長という素晴らしいメンバーの研修が始まります。


1件目、川崎にある「ロージーズカフェ」へ。
 
ここでは、丹波店で販売中のDUTCHBABYの視察に向かいました。
店内はカントリー調で白と木の温もりのあるナチュラルカラーで統一されていました。
食事メニューが5種、デザートメニューが6種とアイテムが豊富です。
早速食事メニューを6皿注文。丹波で使用しているスキレット(鉄製フライパン)より一回りは大きい サイズで登場。
 

 
  
生地は少し甘め、でも食事メニューでも違和感ありません。
生ハム、ソーセージ、マッチュルーム、アボガド、ビーンズ、ポテト、トマトなどを上手に組み合わせて あり、見た目もオシャレで、満足のできるパフォーマンスでした。

(食事系メニュー・・ペロリと食べれました)
 
  

(デザートメニュー…生クリームが溶けないように、カスタードで工夫してありました)
 
 
デザートも6皿注文!!まだ1件目飛ばしすぎかな?????
バナナ、mixベリー、リンゴ、紫芋、プレーン、ティラミスどれをとってもオシャレ女子が好きそうな アイテムが揃っていました。今後丹波店でも更なるメニュー開発の為非常に参考になりました。
もちろん完食し、時間もお腹の具合も予算もオーバーし、次のお店へ。
 
 
 
2件目、超有名店「イデミスギノ」へ。
何度も来た事があるという社長のおかげで、危うく迷子になるところを助けてもらいお店を発見。
ビルの一角にあり、正直わかりにくい表構えです。
  

(店内は撮影禁止の為、店舗前での画像しかありませんがご了承ください。)

店内に入ると、噂には聞いていましたが、せ、狭い、狭いです!!!!
店内正面にあるショーケースは、長さ約1.8mで1段のみの角ばったガラス張り、高さはそれほどなく上 から眺める感じで全体を見渡せます。また、中に入ったケーキトレーは輝く銀のステンレス製で長さ50 cmぐらいはあり、ケーキが7個~8個のってます。

本日はラッキー。
種類も豊富にあり、な、なんとテイクアウトNGの、エ、エベレストもあるじゃないですか。ニ、ニヤリ。

みんなの注文が決まるまで、店内の焼き菓子を物色。会計のKさんに「これとこれと、これ」と言いかけ ると、「値段見てください」と言われて、驚愕の値段にあわあわ!!! さすが、イデミスギノ。

イートインする為に、かれこれ30分待ち、また商品が運ばれるまで・・・また待つ。・。 さすが、イデススギノ。
運ばれてきたケーキの完成度100%のルックス。
口どけが柔らかく、舌の上に味の余韻が残る 本当に素晴らしいgateauでした。


 
3件目、恵比寿にある「レザネフォール」へ。
このお店を選考した訳は、若いスタッフにフランス伝統菓子を知ってもらいたい思ったから。
ピュイダムール、ルリジューズ、トロペジェンヌなどの伝統菓子も当店でも商品化されていますが、もっと知識を得る為店内へ。


(レトロモダンな外観です)


(ショーケースには洗練されたケーキがずらり)



(焼き菓子も種類が豊富です)


どの商品を見ても、商品に対してのこだわりが感じられました。
基本がしっかりしているからこそ、現代風にアレンジしてもデザインも味覚も、さらに進化していくのではないでしょうか。

当店看板3人娘もこの表情!!



大きくなったお腹をさすりながら、4件目焼きたてチーズタルト専門店PABLO表参道店に向かいます。
前半はここまで。
後半をお楽しみに~~~~。