丹波店

店舗情報: 丹波店

お知らせ

2015 パティシエ研修旅行記 in Nagoya 【2班前編】

今年は名古屋へ視察研修に行ってきました。

2班は丹波店・本社スタッフ4名のメンバーです。
メンバーが事前にお店をピックアップ、あれこれと行きたいお店を絞り込み
あっという間に 初の名古屋研修の日になりました。
2班の研修先での様子と各個人の感想を加え楽しくお伝えしていきたいと思います。





行き先は
① GONTRAN CHERRIER(ゴントラン シェリエ)
② 川口屋
③ なごや大黒屋本店
④ パティスリー プレジール
⑤ フランス焼菓子 シャンドゥリエ
⑥ ハートブレッド アンティーク 春日井店
⑦ パティスリーヴィヴィエンヌ
⑧ シェ・シバタ

の順番にお店を訪ねてきました。
 
まずは、2015年4月29日オープンしたパリから来たブーランジェリー
GONTRAN CHERRIER(ゴントラン シェリエ)へ行きました。
視察先に選んだ時にはまだ開店もしていなかったので本当に行けるのか心配でしたが・・・
 

  

駅の構内にあるため通勤の人が行き交ってます。

人であふれている一角に長蛇の列発見!! すぐに並ぶ事に、結構タイミング良く入口まですぐに進み 入口で待機!順番待ちしている間に店内を見ると期待感がいっぱいになるくらい いろんな種類の商品が陳列されていました。早く入りたい。。。
 

  

やっと店内へ。一番人気「クロワッサン」は確実にゲット 「クロワッサンモンブラン」という円錐型に焼きあがったクロワッサン 生地の中のにはマロンクリームが入ってすごく斬新で 本当に形的にもそうくるか。みたいな感じでした。
 

  

 メンバー4人共、合計8件の視察先があるのでお腹いっぱいにならないように朝食少な目にしないとなぁ・・・・と言いながら むっちゃ選んで買っているではありませんか??
 

  


 会計さん曰く 『それにしても、ブーランジェリーで7000円は食べすぎました。』です。

美味しい朝食でしっかりお腹がいっぱいになった所で次のお店へ

少し歩いてお腹を空かす作戦も研修と同時に開始です。 歩いて歩いてようやく着いた予定していた和菓子屋さん イートインスペースがなかった為違うたくさん市内にあるのでと別の支店へ向かう事になりました。

テクテクと歩いて街並みを眺めていると・・ んっ?あれっなんか見慣れた光景が・・・ インターネットで検索していた時に Googleマップで見た場所です。すごい あっ川口屋さんだ!と発見した事に皆でビックリ 寄るのか寄らないのかと店先で悩んでいると、先のお客さんが出て来られ 是非、寄ったほうがいい。とお勧めをされ店内へ。

川口屋(急遽視察先になりました。)
昔ながらの和菓子屋さん。
先客のマダムが店員さん(たぶん奥様)との会話から「ここの和菓子じゃないとダメなのよね~」と常連様との会話、わざわざ遠方からも買い求めに来られる繁盛店ぶりが感じられました。
 

  

店内の扇風機、黒電話、テープカッターなど昭和を感じさせるものが、今も大事に 使われています。修理して使う立派な考え方です見習おう。
お勧めのワラビ餅は瑞々しくて、とろーんと伸び柔らかさが堪らなく魅力的なお菓子でした。

『他にも 丁寧に仕上げられた和菓子が置かれて、色彩が新鮮に感じました。 和菓子でも、色、形、装飾で季節を表し、季節感をしっかりと演出する事が出来。 普段は、どうしても洋菓子にしか視点を置くことがないのですが、今回このような老舗の 和菓子に触れたことで奥深いものを知ることができました。 伝統を受け継ぎながら、常に季節を感じ表現していくことは、洋菓子でも一緒です。』

なごや大黒屋本店



先ほどの「川口屋」さんの巨匠からオススメと紹介されたお店に行くことに。
地元の美味しいお店は地元の方が一番知っているはずとこちらも急遽視察先に変更になりました。
なごや大黒屋本店さんも古くからあるお店。
和菓子の喫茶店という確実な お店構えでサラリーマンの休息の場として利用されそうな落ち着いたお店でした。

 

『恥ずかしながら初めてくずきりを実食してみました。 大きなお椀に透き通るくずきりがゆらゆらと泳いでいます。もみじ型に切ったバランが浮かんで、ここでも季節感を感じます。 渋みの中にも甘みがあった抹茶、ふんわりとした食感の落雁。これからが出番のカキ氷。 看板にもあったように、ほっとひとやすみ。 清涼感をたっぷり味わったお店でした。』

La Patisserie Plaisir (パティスリー プレジール)

フランス産の有機チョコレート、きめ細かくソフトな口溶けの小麦粉、飼育方法にこだわった地元のブランド卵などこだわりの素材から作られるケーキ・焼き菓子と魅力的なホームページの言葉から視察先に選ばれました。なんといっても男子禁制みたいな口コミもありましたので女子力を上げる為にも是非行っておきたいお店でした。

 

ラーメン屋など飲食店が集まる集合テナントの一角にあるケーキ屋さん。
店内に入ると、エレガントというイメージがぴったりなディスプレーやお店の作りです。
白を基調とした造りで結婚式場にでも来たのかと思うような雰囲気です。

焼き菓子の形もハート型のマドレーヌやブールドネージュ可愛い色合いのお菓子がたくさん並んだブライダルを意識したような商品アイテムでした。

お一人で接客をされて忙しい時に無理を言って一緒に撮影させていただきました。こちらで購入したケーキを3件隣の喫茶店へ持ち込み食べることができるそうで

早速、 3件隣の喫茶店『門』へ!
中に入ると満席に近い状態でしたがすぐに席が空き座る事が出来ました。
飲み物と名古屋と言えば《小倉トースト》喫茶店なので当たり前にメニューにあり注文しました。
ゴマ入りトーストに生クリームと餡子の組み合わせは想像以上に美味しかったです。  


 
 

お昼時ですがご飯も食べずに甘いお菓子ばかり食べている2班メンバー。  

次のお店『フランス焼菓子 シャンドゥリエ』へ向かう為、駅へと向かいます・、とここで前編を終わります。前編を最後まで読んでいただきありがとうございます。次回、後半は不思議の国へ!お楽しみに!