丹波店

店舗情報: 丹波店

お知らせ

2014 パティシエ研修旅行記 in Tokyo 【2班前編】

 
今年は東京を拠点に視察研修に行ってきました。
第2班となる我がチームは丹波店・本社スタッフ6名のチームです。
  

メンバーが今話題のお店や食べログ人気店など気になるお店をピックアップ、行きたいお店は沢山あったのですが、その中から厳選して4店舗を選び視察してきました。 2班の研修先での様子と各個人の感想を加えながらレポートしていきますね。
 
行き先は
① クチューム青山店
② お米のクレープ専門店   JAPAN CREPE原宿店
③ アテスウェイ
④ アンリシャルパンティエ銀座本店
の順番に各お店を訪ねてきました。
 
今回の研修は全班、築地市場での朝食が日程に組み込まれ、朝市で賑わう市場の中にある捕れたてのお魚で作られたお寿司を 班ごとに違うお店で頂きました。
 

他にも一般の方々がお店前に行列を作り、我々の班も少し並びました。 

市場直送!?だけあって、鮮度が違いボリュームも満点でした。
 
朝食を済ませた後は、事前に予定した時間スケジュールに合わせ移動を開始、お腹がよくなったので少し運動で駅まで早歩き。でスタートしました。
 
 
一件目の
クチューム 青山店
パリで今一番美味しいと称されている珈琲店 まだ、日本では1件しかなく最近オープンしたばかりのお店です。 こちらのお店のこだわりは、土作りから始まるあらゆる事にこだわり『最高の農園』と直接取引を行い、厳選したシングルオリジンコーヒーを仕入れ 独自のプロファイリングからそれぞれの豆の個性に合った『焙煎・抽出』を行い 美味しい珈琲を生み出す工夫をされているお店です。 
 

店内は白を基調としていて清潔感がありました。外からの日差しがたくさん差し込み、ゆっくりとした時間が流れていました。
 
『コーヒーが有名なお店なだけあって、たくさんの種類のコーヒー豆が棚に並べられていました。飲み方や抽出方法によって好きな粗さに挽いてくれるようです。コーヒーをドリップするための道具まで販売されていて驚きました。』
 

『有名なお店と聞いて満席なのかなって思っていたのですがパッと座れるくらい空いていました。店内は白を基調としていてとても落ち着く雰囲気でした。日本で数台しかない「スチームパンク」というマシーンがすごく目立ってました。』

『先に注文して席に座るシステムでした。価格も意外とリーズナブルでした。とても種類が多く、コーヒーのことをあまり知らない人は選ぶのに説明を聞かないと決められないかなと思いました。』 

朝食後のティータイムでゆったりとした時間を過ごしたあとは、次のお店へ移動します。電車で移動・・・ 

 《 お米のクレープ専門店   JAPAN CREPE原宿店 》到着!です。 

二軒目は、日本女子博覧会2014SWEETS AWARDで優秀賞を取られたお店に訪れました。竹下通りの近くにあり、密集している店舗の奥路地にそのお店がありました。 
  

こちらのお店は、スイーツ番長のお薦めと、インターネットでも人気で口コミの評価が多かったので行き先に決めました。早速、各々が好きなクレープメニューを選び、更に“食べる食べる”視察研修の始まりです。
 

 『テイクアウトの予定でしたが座って味わいながら食べられて良かったです。店員さんはお店を出るまでフレンドリーに話をしてくれました。』『米粉を使ったクレープはアレルギーの方でも食べることができるので、そういう方たちにも嬉しい商品だなと思いました。』
 
 
『すべての生地に米粉が使用されており、シュークリーム生地のクレープはすごく迫力がありました。このお店のメニューすべての生地に米粉を使用されていて、シュークリーム生地も米粉使用で、びっくりしました。シュークレープ生地はオーブンで焼き上げる工夫をされていたので少し時間がかかりましたが、商品をもらった時は待った時間を忘れられるくらいのボリュームと美味しさでした。』
 
日本女子博覧会2014SWEETS AWARDで優秀賞を受賞された事もうなずける
アレンジクレープは最高に美味しかったです。  


無理を言ってオーナーさんと一緒に撮影!
  

美味しいクレープをいただき、そろそろお腹もいっぱいになってきた2班メンバーは次のお店『アテスウェイ』へ向かう為、駅へと向かいます・・・・。

2件目のお米のクレープ専門店   JAPAN CREPE原宿店さんで、前編を終わります。

前編を最後まで読んでいただきありがとうございます。次回、後半もお楽しみに・・・・。