丹波店

店舗情報: 丹波店

お知らせ

2013 パティシエ研修旅行記 in Yokohama 【2班前編】

5月中旬、今年は横浜へ視察研修に行ってきました!
 
第2班となる我がチームは丹波店・本社スタッフ7名のチームです。
事前に各自が行きたいお店をピックアップ、行きたいお店は沢山あったのですが、その中から厳選して7店舗を選び視察してきました!
 
 
 
元気いっぱい!! 2班の研修先での様子と各個人の感想を加えながらレポートしていきますね。
 
行き先は・・・
1、カフェ マウカメドウズ   横浜ランドマークプラザ店
2、ブーランジェリー 14区
3、パティスリー ラ・ヴィ・ドゥース横浜 
4、 オーヴィユーフランス (フランス料理店)
5、デフェール
6、アン・プチ・パケ
7、グラマシーニューヨーク横浜高島屋店
の順番に各お店を訪ねてきました。
 
 
 
早速、一件目のカフェ マウカメドウズ   横浜ランドマークプラザ店へ向かいます。
メインの移動手段は電車、小旅行の様な気分でチームの和やかな一日が始まりました。
 
 
 
電車で約15分の移動・・・
《カフェ マウカメドウズ   横浜ランドマークプラザ店》 到着!です。
 

こちらは、焼きたてのワッフルとたっぷりの生クリームで盛りつけたメニューが人気と口コミの評価が多かったので行き先に決めました。
 
 
早速、各々が好きなワッフルメニューと飲み物を選び、いよいよ"食べる食べる"視察研修の始まりです。
 
フルーツワッフルと、ハワイアンミックスジュースを注文。ワッフルは、焼きたてのカリッ、ふわっ!
そのうえにはふわふわのエスプーマ!とてもおいしかったです。
 
ハワイアンミックスジュースには、フレッシュのパインとお花がさしてあり、見た目も豪華。マンゴー・パイン・オレンジをブレンドしたとってもフルーティなジュースでした。(森脇)
 
店内はゆったりとした雰囲気で席数も多く、全体がハワイアンな感じ
店員さんはアロハシャツを着ていて、ハワイにいるみたいな感じでした。(石田)
 
   
 
見た目もかわいくいきれいでクリームいっぱいでした。生クリームが甘すぎなくて、食べやすく、アイスクリームも入っていてボリュームがあるのに食べやすかったです。(門栗)
 
 
 
ワッフルはフルーツを使った甘い系のものだけでなく、ベーコンや卵を使った塩辛い系のものもあり、甘いのが苦手な人が来てもおいしく食べられて楽しめるなと思いました(石田)
 
そろそろ、お腹もいっぱいになりかけた所で次のお店へ移動します。
 
次のお店は『ブーランジェリー 14区』
2012年12月に移転オープンしたてのお店、オーナーはパリでドミニク・サブロン氏の元で修業し、パリ市内の3店舗でシェフを務めた本格派!ハード系のパンを中心に、ブーランジェリー激戦区の妙蓮寺で主婦層に人気のお店です。今回は自前にお電話で店内カフェスペースを予約させていただき、2回目の朝食をいただきます。
(7名の予約を快くお受けくださった事に本当に感謝です。)
 
電車で移動する事 約20分・・・
 
 
 
《ブーランジェリー14区》 に到着!ですが!?
 
開店時間より早く到着してしまいました。お店の外で待っていると、パンのいい香りがしてきました。
 
   
 
開店時間の10時少し前にシャッターが開きだしました。
同じような業種の開店をお目にかかる事は滅多にないので、少し感動です。
 
 
 
初めの人でもお店の事がわかりやすい様に、外にはお店の紹介を書いたボードが設置されてとても親切な工夫がされていました。(石田)
 
 
さて、こちらでも各々が好きな物を選んで食べる研修です。
 
目移りしながら何とか好みのパンを選びましたが、ほんの数分の間に次々と見たこともないようなパンが店内に並びだしました。お客様を精一杯満足させたいというお店の熱意のようなものを感じられるお店でした。(田村)
 
   
イートインスペースでメンバーの選んだ物をシェアして頂きましたが、どのパンも美味しく、ハード系の生地によく合うバランスに仕上がっていました。
 
八木様ご夫妻・スタッフの皆様、親切な対応、本当にありがとうございました。
パンもお飲み物も、とっても美味しかったです。
 
 
お忙しい時に無理を言ってオーナーの八木さんと一緒に撮影!
 
朝食を2回済ませた私達2班メンバーは 次のお店へと歩きます。
(少しでもお腹を減らす為ですが・・・)ほんとに元気なメンバー・・・若い!
 
 
 
トータル35分の移動の末・・・、見えてきました。
 
   
 
《パティスリー ラ・ヴィ・ドゥース横浜》 に到着!
 
   
 
お店の外観はケーキの絵などが描かれていて、かわいらしい雰囲気、道路側にイチオシの商品を紹介したボードがおいてあり、通行人、車からもよく見えてアピール抜群でした。(石田)
 
   
店内をウロウロ・・見学中・・
 
 
 
黄・オレンジの暖色系で統一された店内には生ケーキや焼き菓子をはじめ、ボンボンショコラ、グラス類、マカロン、ゼリーなどが各々に陳列され、手書きのかわいらしいポップ、これまで製作したキャラデコのファイリングなどもありました。(片島)
 
   
 
チョコレートも一粒ずつ売ってあり、アイスクリームもありました。看板に書かれた絵もこだわりがあってかわいかったです。ショートケーキの数が多く、キレイに並べてありました。ファーストケーキという商品がありました。「1」という字でかわいくデコレーションしてあり、1歳のお誕生日限定で500円という安さなので少し驚きました。「パティスリー・ラヴィドゥース」お気に入りのお店になりました。(門栗)  
 
   
 
ショーケースを眺めていると、そのうえにはクロワッサンや食パン、横には、自家製のジェラートまでも販売してあってびっくりしました。そしてさらに驚いたのが、イートインコーナーの横にお子さんが遊べるスペースがあったことです!ケーキ屋さんにあるのをはじめてみました!お客様のニーズにあわせて、このようなサービスをすることで、お子さんがいても気軽にお茶を楽しんだり、安心してお買い物したりもできるのかなと思いました。(森脇)
  
 
 
こちらのお店でも一人一人が食べたい美味しいスイーツとお飲み物をいただき、そろそろお腹もいっぱいになってきた2班メンバーは次のお店『オーヴィユーフランス』へ向かう為、駅へと向かいます・・・・。
と、ここで3件目のパティスリー ラ・ヴィ・ドゥースさんで、前編を終わります。
 
長くなりました。前編を最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
次の4件目からですが、みなさんにお伝えしたい内容がたくさんありすぎまして以降は、次回にご紹介いたします。後半もお楽しみに・・・・。