養父本店

店舗情報: 養父本店

お知らせ

2017 パティシエ研修旅行記 in 福岡 【1班後編】

さあ 後半戦スタートです。

研修2日目は3時までの時間制限です。
果たして、1班は時間までにホテルに帰ることが出来るのでしょうか・・・

昨日あんなにお腹いっぱい食べて、締めのラーメンまで食べて、夜中の試食会までしっかりこなしたのに・・・朝になると食べれるもんですね(笑)

目指すは予約もしっかりしておいた博多めんたい重



 
木箱のような建物。(お弁当箱の感じ!!)

早速2階席に案内していただきました。テーブルの上には手書きのメッセージカードが置かれていました。それだけで、感動です。
 


明太子にかけるソースを選び、運ばれてきた白い器の蓋を開けるととっても上品に白いほかほかごはんに手作業で一つ一つ仕上げられた明太子が横たわり、決め手は刻みのり。
 

 


そこに先ほど選んだソースをかけて食べます。

 

アッと言う間に完食してしまいました。


朝から病み付きになる美味しさでした。


 

 


2件目は営業部長の師匠のお店を工房チームと共に見学させていただけることになっています。

バスの時間を待つ間にちょっとコーヒーをいただき、

 
Imprestion
 
このお店は自然オーガニックにこだわりぬいたお店で、シェフのお話しでは福岡では一番ケーキの値段が高いお店なんだそうです。
  

 

店内はシンプルに見えましたがそれは余計な色を使っていないこと、素材の色だけで表現してあること、その商品を入れるためだけの箱にもこだわってありました。
  
 


こだわりにこだわり抜いたお店です。


   

 
小代シェフ、お忙しい中沢山お話を聞かせて頂きありがとうございました。

 

 

 

ちょっと時間も押されているのでタクシーに乗り込み

次なるはパティスリージャック
 


博多では有名なお店です。
静かな住宅街に“どっしり”という風格のあるお店。
白を基調とした店構えで店内は広くゆったりとしたスペースが印象的でした。
  

  
このお店の名前にもなっている“ジャック”というケーキをティールームでいただきました。


 

洋ナシのムースとカラメルのムースが重なったさっぱりとしつつ、しっかりとした甘さの上品なケーキでした。

 

 

 

 

 

時間に追われてPRINCE OF THE FRUIT
  


道に迷いながらやっとたどり着いたお店。
5月ですが、かなり暑く汗だくになりながらたどり着きました。
 
事前に電話をしていたので、店主の方が外に出て待っていてくれました。
 
このお店はフルーツ専門店。
 
 
よくばりな私たちは

マンゴー

 
  
メロン

 
 
サクランボ

 
 


 
 
夏みかん

 
 
5種類をオーダーしました。
 
中でもサクランボは本日入荷したばかりの物だとか・・・(^^)/
 
   

果物の甘さが最大限に生かされるようなパフェの構成に皆関心させられました。

 

 

 

 

 

パフェをいただいた所で最後にデパートの中の食パン専門店むつか堂にて昼食の予定でしたが、お腹もいっぱいになってしまったので、むつか堂の本店に立ちよりパンのいい匂いを嗅いでホテルに帰ることになりました。
 

後半は時間に追われてしまいましたが何とか予定していたお店を回ることが出来ました。
 

 
3日間の貴重なお休みをいただき美味しい物をいっぱい食べてきた成果が出るように今後も頑張ろうと思います。