養父本店

店舗情報: 養父本店

お知らせ

2015 パティシエ研修旅行記 in Nagoya 【1班後編】
では、後半戦の始まりです!
 
 
「シェ・シバタ名古屋」までは、徒歩移動。手に持つスマホを頼りに、坂道を上がり、下り、さらに上がり、、、と、ふくらはぎが悲鳴をあげかけたその時! ようやく到着しました(疲)
 
 
【6軒目】
シェ・シバタ名古屋
名古屋を代表するパティスリーです。店内ディスプレイやケーキ、ギフトなど、いたるところにオリジナル(デザイン)を感じます。ティールームでは、始まったばかりのかき氷(黄粉と、パッション&マンゴーの2種類)をいただくことに。ひんやり冷たい氷が歩き疲れた体に沁み入りました~。カタシマでも人気のかき氷。こちらでもソースやデザイン、トッピング(スタッフいわく世界最高のバニラアイス!)など工夫をこらして売り出していました。 
 
 
(メンバーの声)
「白いぼよんとしたソファー、流れるBGMなど、店内の雰囲気はまるでパリコレのファッションショー!のようでした」(利)
「世界で一番おいしいと言われているバニラアイスクリームのトッピングはいかがですか」のフレーズに即答。とてもいい表現で今度お店でも使ってみようと思いました」(R)
●「ケーキは見た目にも宝石のような鮮やかなもので、かき氷は甘さ控えめで軽くて絶品!」(忍) 
 
店を出た一同は、引き続きスマホを頼りに上がり、下りを繰り返し、次の目的地であるパティスリー・プレシューズへ。もうこれぐらいになると、みなさん、言葉少なでとにかく目的地を目指して歩く、歩く(疲)


【7軒目】
パティスリー・プレシューズ覚王山店
 
昨年オープンしたばかりの落ち着いた雰囲気のきれいなお店です。店内に入りまず驚いたのが、一般的なケーキ屋にある大きなショーケースがどこにも見当たらないこと(!?)。 よく見るとありました。壁面に小さな棚が埋め込まれており、そこにケーキが1種類ずつ並んでいます。オーダーすると、ショーケースの中のケーキではなく、厨房内から同じものを提供してくれるようです。印象的には時計や宝石などの高級品が展示されているような、新しいショーケースを体験しました。奥のティールームでは、、、、3班(豊岡店メンバー)の姿が!
 
(メンバーの声)
「焼き菓子は今回買った中で一番おいしかったです。シンプル イズ ベスト」(R)
「気になったのがプライスカード、クッキー、焼き菓子どの商品にも品名の下に商品説明が入っています。例)ガトー・ショコラ→「フランス・カカオバリー社のチョコレートをふんだんに使用した、濃厚なチョコレート菓子です」等。今さらですがこのワンフレーズは単純にいいなと思いました。純粋にそそられる気がします、持ち帰りましょう」(K)


さて、行程表ではここでいったんホテルへ戻り、これまで買い求めた生ケーキや焼き菓子などを部屋へ置き、次の視察店・カルチェラタンという流れです。時計の針は16時を回ったところ。そういえば、今日一日、食事らしい食事をしていない一同。オブザーバーの店長の判断(!)で、急きょ予定を変更し、名古屋と言えば味噌煮込みうどん、味噌煮込みうどんと言えば、山本屋へ立ち寄ることに! またちょうど良い、最寄り駅までの途中にありました!


【おまけ】
煮込みうどん 山本屋本店
 
 
 
(メンバーの声)
「ぐつぐつの熱々で、味は絶品! 麺が少し硬めなのがまた良いです。土鍋のふたは、取り皿に使うので蒸気抜け用の穴がありません」(顕)
 
 
おなかも心も満たされた一同。ホテルで荷物を置いた後、カルチェラタンへLet’s Go!
 
 
 
 
 
 
 
 
【8軒目】
パティスリー・カルチェラタン
1976年創業の長く地元で愛されているパティスリーです。シェフの冨田氏はエーグルドゥースのスーシェフを経て、実家のカルチェラタンへ。訪れた時間帯が閉店間際だったので、ショーケースには数種類のケーキしか残っておらず、、、。変わった所では「ヤギの乳を使ったチーズケーキ」を購入。外側が黒いちょっと変わった焼き半生菓子でした。残念ながらこちらは撮影NGとのこと、、、外観だけ撮らせていただきました。

(メンバーの声)
「窓辺にあるマカロンをアレンジしたオブジェがかわいくお出迎えしてくれました」(K)


ここからはタクシーを使い、夕食先のあつた蓬莱軒へ。そうです、ひつまぶし発祥の名店です!
 
 
【夕食】
あつた蓬莱軒本店
創業は明治6年(1873年)。この辺りは東海道53次41番目の宿場町である宮の宿(熱田宿)としても知られ、往時から人々でにぎわってきた場所です。現在でも熱田神宮への参拝客や観光客などで毎日待ち時間が出るほどの人気店! 座敷でいただいた本場のひつまぶしに一同大満足でした。

(メンバーの声)
「建物は風格があり、老舗旅館のような立派な佇まいですね。ひつまぶしは、たれの味付けもちょうど良く、そのままでも、薬味をつけても、出汁をかけても良い味でした」(利)


 
 
 
 
 
さぁ! 最後の視察先・ライトカフェへ! ラストオーダーの21時30分ぎりぎりに滑り込みました、、、(汗)


【9軒目】
ライトカフェ栄店
名古屋駅近くのスパイラルタワーの地下にあるライトカフェ。デザインカプチーノ、3Dラテアートのお店として、注目してきました!本店スタッフ、特に忍さんは興味津津! いろんなパターンを作ってもらおうと、さっそく注文。若い女性のスタッフが手際よく、でも一つひとつ丁寧に仕上げていきます。こちらからの質問にも細かく答えていただき、撮影も快諾していただけました。出来上がりがテーブルに来るたびに一同歓声!&撮影会! 飲んでしまうのがもったいないような完成度でした。
 
(メンバーの声)
「建物は風格があり、老舗旅館のような立派な佇まいですね。ひつまぶしは、たれの味付けもちょうど良く、そのままでも、薬味をつけても、出汁をかけても良い味でした」(利)
「3Dアートは細かい泡をしっかり立ててから3分待つそうです。(そしたらしっかりした泡が長持ちするそうです)」(R)
●「おしゃれな雰囲気の中でデザインされたドリンク。男女問わず、感動ものです」(忍) 


毎年のことですが、今回の視察研修in名古屋も発見と感動の連続でした。こうして原稿を書いているとその時の感情がまた蘇ってきます! この気持ちを忘れずに、また少しでも日頃の仕事に活かせるよう頑張りたいと感じました。それでは、みなさま、ご清聴ありがとうございました!