レストラン ラ・リビエール

インフォメーション

2014東京研修旅行記 in Tokyo 【7班前編】

今年も3日間という貴重な時間をいただき、東京へ研修旅行へ行ってきました。
私たち、リビエール班は【7班】として、4店舗視察してきました。
1件目:クチューム青山
2件目:ル・パン・ドゥ・ジョエル・ロブション
3件目:パティスリー レザネフォール
4件目:シャトーレストラン ジョエル・ロブション(三ツ星)


≪1軒目≫クチューム青山
クチューム青山はパリで今、一番ホットなカフェの日本一号店です。今年の4月にオープンしたばかり!

厳選されたコーヒー豆を独自にプロファイリングし、それぞれの豆に合わせた焙煎と抽出を行うコーヒーショップです。特にまだ日本ではとても珍しい「スチームパンク」という抽出機もあり、ドリップ、エスプレッソとはまた違うコーヒーが楽しめます。

 
これがスチームパンク。
原理はサイフォンに近い感じですが、抽出温度を
設定できたりします。

 
珍しいマシーンに釘付け!しかもイケメン!!

 
スチームパンクコーヒー。
雑味がなく、コーヒーの香り、酸味、コクが
ダイレクトに伝わってきます。
 


【片島レポートより】
コーヒー業界も、「スチームパンク」のようにどんどん新しい抽出機や豆が出てきたり、流行の焙煎具合があったりと、目が離せない業界だと感じました。

【平野レポートより】白と木目を基調とした店内には、日差しが差し込み、ゆっくりとした雰囲気で心地よい時間が流れていました。


≪2件目≫ル・パン・ドゥ・ジョエル・ロブション
クチュームから渋谷ヒカリエまで、てくてく歩いて移動し、ヒカリエ地下2階にある「ル・パン・ドゥ・ジョエル・ロブション」へ。

「ジョエル・ロブション」は世界で一番星付きレストランを持っているといわれるフレンチの巨匠!そのロブションが手掛ける世界初のパン専門店です。
   
色んな種類のパンが所狭しと並んでます。
パンのいい香りが充満~~^^
 
断面図の写真が添えてあるプライスカードもあり、
とても分かりやすいですね。
 
あれと、これと、それも・・・!


開店と同時に入りましたが、もちろんずらっと商品が並んでます。
シンプルなパンだけではなく、フレンチの技術を知識をいかした商品も多く、料理パン、ヴィエノワズリなど種類が豊富!また、ヒカリエ限定商品や、期間限定の商品(このときはフランスのオーヴェルニュ地方にスポットを当てた商品)があり、もう、選びきれません・・・・

【田村レポートより】料理パンを数種類食べましたが、ヒカリエ限定の「牛肉ほほ肉のロッシュ」とオーヴェルニュ地方フェアの「塩豚とレンズ豆のパイ」が中の具材の味もしっかりしていて、とても美味しかったです。

【八木レポートより】ロブションのブランドと、手が込んだ商品が多いので、一般に比べると少し高めの値段設定だったけど、それも納得できる雰囲気と味でした。



と、前編はここまで。
次回、後編はパティスリーと、三ツ星レストラン「ジョエル・ロブション」!
お楽しみに♫

~後編予告~
なんと!ロブションでは、サービスの世界大会で優勝したあの、宮崎辰さんにお会いすることができたんです~^^
三ツ星の雰囲気にのまれるリビエールメンバーの表情にも注目です!