インフォメーション

インフォメーション

2014 パティシエ研修旅行記 in Tokyo 【9班前編】

今年の研修旅行は東京!9班は、5店舗+a視察に行ってきました(・∇・)

工場の西岡主任率いるゆかいな仲間たち、いざ出発!

  1軒目は、東京の観光地のひとつ、築地市場。ゲートをくぐった瞬間から、見たことのない車が右へ左へ・・・!あっという間に違う世界に来たような独特の雰囲気がありました。たくさんお店がある中でわたしたちが選んだのは『寿司処やまざき並んで待っていると、女将さんがわざわざお茶を入れて持ってきてくださいました!お客様に対する心遣いが素晴らしいなぁと感激しました☆



 店内に入ると、大将や女将さんたちが笑顔で迎えてくださり、とてもアットホームなあたたかい雰囲気。ショーケースには新鮮な魚介がずらり。注文を聞く時に、ひとりひとりの好みに合わせて握ってくれました。生きたエビでパフォーマンスをしてくださったことも印象に残りました。お寿司のほうは、もちろん美味!!握りたて、最高でした! 

糸井:いつもならひとくちで食べないけど、
ガブッとひとくちでほおばってしまった。

朝岡:上品な握りを江戸っ子のように、手でたべてみました。

西岡:生きたエビをさばいても、まだ動いているなんてテレビの話ではなかった!!



 
心地よい気遣いのある接客があるのもそうですが、お店が狭いからこそ、間近でお客様と触れ合い、お話をしたりできるので、お客様を大切にされている、そう感じられたのではないかなと思いました。


2軒目は、『Sarabeth‘s』サラベス代官山店


も、もしかしてスィーツ番長??????

代官山駅を出てすぐ、青いロゴとカラフルでポップなデザインの壁が印象的でした。
店内は白を基調とし、すこしオレンジの照明で落ち着いた雰囲気。奥のほうは、ガラス張りになっていて、爽やかな朝の陽ざしをいっぱい取り入れることができるようになっていました! 壁には小物や、サラベスさんの写真もたくさん貼られてありました。



喫茶だけでなく、テイクアウト専用のパンや焼き菓子、種類豊富な自家製コンフィチュール、いま流行りのグラノーラの販売もしていました。
 サラベス=NYで朝食の女王と呼ばれたお店。みんなそれぞれ別のものを注文・・・♥期待を込めて、さあ、楽しい、楽しい2回目の朝食です。



いま、日本でも人気急上昇中、そしてKATASHIMAでも
新メニューとなったエッグベネディクト!イングリッシュマフィンの上に香り高いベーコン、そしてポーチドエッグ。その上にきれいにかけられた、オランデソース。まさに本場の味!というような、おいしさでした。

 

わたしのお気に入りは、代官山店限定の、
フレンチトースト『ブルーベリー・クレームブリュレ』。外がカリッと、中がトロッと甘すぎず❤ブルーベリーも大ぶりで、食べ応え◎パンケーキも、バターや、メイプルシロップを好みにあわせられるので、とっても良かったです。

西垣:室内にいながら、テラスにいるような、そんな印象。
 
堂園:初エッグベネディクト。ナイフを入れると黄身がとろけ出して…それだけでテンションがあがる! 優雅な朝食。なんとも素敵な空間でした。


3軒目は、パティスリー『Paris Seveille』 パリセヴェイユ。
 

店内撮影禁止の為、画像はコレだけ。

気品のある自由が丘の通りを散策。ここ?ここだよね??という感じで発見!
外観や内装は、パリを意識したアンティーク調の小物や棚が使用してあり、まるでパリに来たような、独特な雰囲気をかもしだしていました。中央に焼き菓子が置いてあり、焼きたてのパンの販売もしていました。ショーケースには、複雑ながらシンプルに仕上げた種類豊富な生菓子がずらり。迷ったあげく、何種類かを店内で、いざ試食!味わったことのない興味の沸く組み合わせがいくつかありましたが、なんとどれも相性抜群!!勉強になりました。お酒の風味は強くなく、上品な甘さなのに濃厚、食感の楽しいケーキが多かったです。断面も美しく、見ていても楽しめるケーキだと思いました。

糸井:一流の気品、プライドある有名店のケーキに感動!

朝岡:マロン・パッションのケーキがとくによかった。
 この組み合わせのケーキ考えて!!!!

パリセヴェイユの横の通りにあった『ねこじゃらし公園』という看板に興味をそそられるも、時間がないので次のお店へ・・・

 
後半へ続く・・・