インフォメーション

インフォメーション

津崎シェフのヨーロッパ旅行記その5(フランス編)

 
僕ら一行の日頃の行いがよほど良いのか、こちらでは雨知らずのよい天気が続きます。
相変わらず朝晩は涼しいというよりは寒さを感じますが、日中はカラッとしてとても爽やかです。
 

 
今日、明日の2日間はパリのパティスリー巡りです。
話題のお店から新店までたくさんのお店を見させていただき店作り、商品作りの勉強です。
朝食は超有名カフェ『Les Deux Magots(レ・ドゥ・マゴ)』で。サラッと食べて・・・のつもりがこのボリューム!こちらの人の一回り大きな体格はやはり圧倒的に食べる量が違うのでしょうね。
 

 
パティスリー巡りはパリのレンタルサイクルシステム「velib‘(ヴェリブ)」を利用してパリ市内を
自転車に乗って走り回りました。
 

 
颯爽と自転車で駆け抜ける僕らの気分はまるでパリジャン!


 

とっても爽快です。 
 
  
 『ジェラール・ミュロ』
日本でもお馴染みの老舗パティスリー。
鮮やかな赤と白のエッフェル塔マカロンタワー が目を惹きます。
 

 
ショコラトリー『ジャン・シャルル・ロシュー』
 
今や日本でもかなり有名なショコラティエの一人ジャン・シャルル・ロシューさんのお店。
 

 
落ち着いた茶色でまとめられた店内はショコラの香りが漂います。
スペシャリテのフレッシュフルーツのタブレットは曜日違いで食すことができなかったのが残念でした。
 

 
クレープリー『ル・プチ・ジョスラン』
モンパルナス界隈のクレープリー通りと呼ばれる場所にある人気店。
 

 
自転車を飛ばして市内からは少し外れにある『ローラン・ドゥ・シェーヌ』 。
 
ケーキだけでなくバゲットなどパンもすごく充実しています。
明るく気さくなヴァンドゥーズが印象的でした。
 

 
  
 
 『sadaharu aoki』
 
日本が誇るスーパーパティシエ青木さんのお店(ポールロワイヤル店)です。
 
シンプルかつ洗練された店内とケーキ達。
日本素材を使いながら、それでいてフランス的なテイストで表現できるセンスはさすがです。
 

 

 
『カール・マルレッティ』 シックな店内には品のある大人っぽいお菓子が並びます。
 

 
本日の締めくくりのディナーはエッフェル塔内にあるアランデュカス氏 プロデュースの
ミシュラン一つ★レストラン『ル・ジュール・ヴェルヌ』。
 
  
 
  
 
パリの街並みを見ながらの最高のディナー!なんとも贅沢な気分ではありませんか(^_^)
 

 
ライトアップされたエッフェル塔!